/

日本触媒、東大発ぜんそく薬スタートアップに追加出資

日本触媒は10日、東大発創薬スタートアップのTAKサーキュレーターに追加出資したと発表した。第三者割当増資を引き受け、持ち株比率を21%から35%に引き上げた。出資額は非公表。日本触媒はバイオ医薬品原料の量産施設で、2020年からTAKが手掛けるぜんそく向け核酸医薬品の原薬製造も始める。創薬の支援や、研究開発の協業も進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン