2019年9月19日(木)

関電、新興ファンドに出資 新事業育成で協力

環境エネ・素材
関西
2019/9/10 18:41
保存
共有
印刷
その他

関西電力は10日、日米に拠点を持つベンチャーキャピタル(VC)のグローバル・カタリスト・パートナーズ・ジャパン(東京・港)が組成したファンドに出資すると発表した。同ファンドは80億円規模を目指しており、関電の出資額は非公表だが数億円とみられる。関電の新規事業案を踏まえファンド側が会社を設立。協力して事業が育てば関電は買収の優先交渉権を得られる仕組みだ。

3月に策定した中期経営計画で、社会インフラや農業・食料などの領域で新事業の創出をめざすと打ち出している。今回の出資はグローバル社が強みを持つIT(情報技術)などの知見も生かして新事業を育てる狙いがある。関電は2018年4月に50億円のスタートアップ投資枠を設けており、今回の出資は12件目となる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。