/

京急、羽田空港への加算運賃下げ 10月から

京浜急行電鉄は10日、羽田空港への鉄道路線の運賃を10月1日から引き下げると発表した。同日からの消費税率引き上げ分を加味して、切符は品川―羽田空港国内線ターミナル間が300円と、現行(410円)に比べ110円安くなる。IC乗車券の場合は292円と、同115円引き下げる。

京急は1998年に、空港線を現在の羽田空港国内線ターミナル駅まで延伸した。設備投資額を回収するため、延伸区間と他の区間をまたがる場合に、加算運賃を適用していた。工事費を順調に回収できたとして、一部引き下げる。

併せて同社は空港線の糀谷(東京・大田)―天空橋(同)の各駅と、直通運転する都営線、北総線と一部を除く京成線各駅の間を切符より割安に乗車できる企画乗車券「羽田みらいきっぷ」も10月1日から販売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン