佐賀知事、新幹線「ゼロベースから議論」未着工区間

2019/9/10 18:34
保存
共有
印刷
その他

九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)の未着工区間、新鳥栖―武雄温泉(すべて佐賀県)の整備を巡り、佐賀県の山口祥義知事は10日の県議会で「ゼロベースから時間をかけてしっかり議論することが必要」と述べ、与党側が進めるフル規格を前提とした年末の来年度予算編成をにらんだ協議日程には応じない考えを改めて示した。

山口知事は「これまでの合意にないものも含めた議論を求められるのであれば、短期間で方向性を求めるような簡単な問題ではない」と強調した。

陸上自衛隊による佐賀空港への輸送機オスプレイ配備については、防衛省が佐賀県有明海漁協の支所ごとに説明する機会を求めていることを受け「県としても、事業主体である防衛省が実施する説明会の開催に向け取り組んでいく」と述べた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]