「会社の価値観共有を」スマートワーク経営巡りシンポ

働き方改革
2019/9/10 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社は10日、日経ホール(東京・千代田)で働き方改革をテーマにしたシンポジウム「スマートワーク経営 日本の挑戦」を開いた。アフラック生命保険の古出真敏社長はパネルディスカッションで、変化の激しい時代には「会社の中核となる価値観を全社員で共有することが大切」と語った。同社は経営層と社員が直接対話する機会を設けている。

東京海上ホールディングスの小宮暁社長は多様性のある職場の重要性を指摘。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]