9.11から癒えぬアメリカの「超大国疲れ」  論説委員 小竹 洋之

小竹 洋之
中外時評
2019/9/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ここに立つと、背筋が寒くなる。米国が負った傷の深さに、思いをはせずにはいられない。国際テロ組織アルカイダの攻撃を受けたニューヨークの世界貿易センタービル(WTC)跡地。8月下旬の休暇中に再訪し、2001年9月11日に起きた米同時テロの追悼施設を見て回った。

北棟と南棟が倒壊した場所には、2つの巨大なプールが広がる。その胸壁に刻まれた犠牲者の名前は約3000に及ぶ。隣の記念館に並ぶのは、ありとあら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]