廃プラ削減の波 衣料にも 帝人、繊維くず排出抑制

2019/9/11 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

レジ袋やペットボトルで社会的な関心が高まる海洋プラスチック(廃プラ)問題がアパレルに波及してきた。衣料品に含まれるポリエステルなどが洗濯や廃棄で粒子となり、魚などの海洋生物に取り込まれていることが明らかになってきた。欧米を中心に消費者は環境に配慮した企業の姿勢を重視している。日本のアパレルや素材メーカーも対応商品や技術の開発を迫られている。

「洗濯時に毛が落ちにくい素材を見せてほしい」。帝人子会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]