東京ムーブメント

フォローする

遮熱性舗装の方が暑い、熱中症研究者が検証

Tokyo2020
コラム(テクノロジー)
2019/9/18 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

道路の遮熱性舗装は2020年の東京五輪・パラリンピックでマラソン選手に快適な競技環境をもたらせるか――。道路関係以外の学識者から遮熱性舗装の効果に異議を唱える声が上がった。

東京農業大学の樫村修生教授は8月30日、国土交通省や舗装業界の見解と異なる検証結果を日本スポーツ健康科学学会で発表した。夏の晴天の日中、遮熱性舗装の路面温度は通常の舗装よりも低いが、路上の気温は逆に高くなっていたという。

太…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
道路の表面に遮熱材を吹き付ける作業員(2015年7月、東京都内)=共同


 2020年東京五輪のマラソンと競歩が、札幌市で開催される見通しとなった。かねて東京の暑さは懸念され、都は熱を抑える特殊な道路整備など対策を積み重ねてきた。しかし開幕まで残り約9カ月で国際オリンピック …続き (10/19)

共通研修に参加し、ハンドブックを掲げる大会ボランティア(4日、東京・渋谷)

 オリンピックなど国際大会の開催中、協議結果を巡るトラブルや代表選手のドーピング疑惑が浮上することがある。代理人として無償で選手を支援するのが大会開催都市の弁護士たちだ。2020年の東京五輪・パラリン …続き (10/19)

東京五輪のマラソンは札幌へ変更の見通しになった(9月の代表選考会)

 来年の東京五輪のマラソンと競歩のコースが札幌市に変更になる見通しとなった。国際オリンピック委員会(IOC)が提案し、五輪の組織委員会も合意しているという。本番まで10カ月を切った中での異例の変更であ …続き (10/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]