/

東京大会へ「挑戦心」 NTCイースト開所式典

2020年東京五輪・パラリンピックに向け、国が整備した新強化拠点「ナショナルトレーニングセンター(NTC)イースト」(東京・北)の開所記念式典が10日、行われた。7月中旬から利用が始まっており、日本障がい者スポーツ協会の鳥原光憲会長は「選手は東京大会に向けてさらに挑戦心を燃やしている」と話した。

五輪とパラの共用の練習施設として、既存の味の素NTCや国立スポーツ科学センター(JISS)に隣接する場所に約194億円を投じて整備。専用練習場は水泳、卓球、フェンシング、アーチェリー、射撃の5競技で設けられ、食堂や宿泊設備も備える。パラリンピック選手に配慮しバリアフリー化も徹底した。

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は金メダル30個を目標に掲げる来年の五輪本番に向け、「素晴らしい施設はできあがった。あとはやるべきことをやり尽くしたい」と誓った。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン