/

この記事は会員限定です

ドラッグストア出店失速 都市で飽和、3年ぶり鈍化

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

ドラッグストア大手10社の2019年度の新規出店数は18年度比横ばいで、閉店を差し引いた純増数は3年ぶりの減少になる見通しだ。コンビニエンスストアに迫る7兆円市場にまで急拡大したが、都市圏の出店余地は狭まり、価格競争にさらされ、利益率の低下に悩まされる。少子高齢化のなか小売りをけん引する成長分野だったドラッグストアにも陰りが見えつつある。

ツルハホールディングス(HD)、ウエルシアHDコスモス薬品サンドラッグマツモトキヨシHDなど業界大手10社の出退店を調べた。この大手1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り661文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン