北海道・函館のホテル戦争が過熱、供給過剰の声も

インバウンド
コラム(地域)
2019/9/10 16:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道函館市でホテル戦争が激化している。新設ラッシュに沸く函館駅前に加えて、五稜郭公園付近や湯の川温泉街でも複数の工事や計画が進む。サンケイビル(東京・千代田)はこれら3地区で並行してホテルを整備中だ。市内の客室数は2019年度以降の数年で2000以上増え、1万室を超える見通し。「供給過剰は必至」との指摘もあり、既存ホテルも改装などで備えている。

道南最大級のホテル銀座であるJR函館駅付近では、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]