/

この記事は会員限定です

北海道・函館のホテル戦争が過熱、供給過剰の声も

[有料会員限定]

北海道函館市でホテル戦争が激化している。新設ラッシュに沸く函館駅前に加えて、五稜郭公園付近や湯の川温泉街でも複数の工事や計画が進む。サンケイビル(東京・千代田)はこれら3地区で並行してホテルを整備中だ。市内の客室数は2019年度以降の数年で2000以上増え、1万室を超える見通し。「供給過剰は必至」との指摘もあり、既存ホテルも改装などで備えている。

道南最大級のホテル銀座であるJR函館駅付近では、目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1438文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン