グーグル、日本の食文化発信サイト公開

2019/9/10 16:36
保存
共有
印刷
その他

グーグル日本法人は10日、日本の食文化を発信するサイトを公開したと発表した。3000以上の画像や動画を使って、日本食に関する歴史などを日本語と英語で紹介する。農林水産省など20団体・企業が協力する。2020年の東京五輪で訪日外国人が増加するのをにらみ、日本食に関する文化や歴史を手厚く発信する。

日本の食文化を紹介するサイトを公開

サイト「Flavors of Japan―奥深き日本の食文化を召し上がれ」は、世界の芸術や文化を紹介する「Google Arts&Culture」で公開する。「グーグルストリートビュー」で市場のセリの様子を360度の画像で楽しめるコンテンツも用意する。今後は日本語と英語以外の言語への対応も検討する。

同日、グーグル日本法人の本社内で開いたイベントでピーター・フィッツジェラルド代表取締役は「日本食にまつわる様々なストーリーを届けたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]