2019年9月16日(月)

ハトやカラス、空気噴射で撃退 竹中工務店が防鳥設備

住建・不動産
2019/9/10 16:35
保存
共有
印刷
その他

竹中工務店は建物の屋上にハトやカラスを止まらせないようにする防鳥設備を開発した。センサーが鳥の飛来を検知すると、空気を噴射して鳥が逃げるように仕向ける。ハトが建物にフンをしたり、カラスが建材を壊したりするのを未然に防ぐ。実証実験では設置後2年目にハトとカラスの飛来頻度が前年比で約75%減少したという。

竹中工務店が開発した「TORINIX(トリニックス)」の拡大写真。屋上外周部の管から空気を出して鳥が逃げるようにする

開発した防鳥設備は「TORINIX」(トリニックス)。工場やオフィスビル、商業施設などでの利用を想定する。屋上の外周部に設置する空気の充填管と吹き出し管、センサー、空気を圧縮するコンプレッサーで構成する。センサーが鳥の飛来を検知すると空気をコンプレッサーから充填管へ送り、吹き出し管の小さな穴から発射する。鳥は空気が体に当たる刺激と吹き出し音に驚いて逃げるという。

鳥は高くて見晴らしの良い屋上外周部を休息場所として好むという。巣を作るなどして建物に定着する場合がある。薬剤や鋭利な器具を使わず、鳥にやさしい形で建物への定着を防ぐ。

吹き出し管は落雷の電流を逃がす「避雷導体」の機能も満たす大きさにする。屋上外周部に密着して取り付けることで、地上からの建物の見た目も損なわないという。

工場やオフィスビル、商業施設などへの展開を目指す。まずは竹中工務店が設計や施工を手掛ける建物に導入し、その後外販する。料金は設置条件によって異なり、目安は100メートル分設置する場合で材料費が200万~300万円程度。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。