/

この記事は会員限定です

かんぽ不正、金融庁立ち入りへ 「過剰ノルマ」焦点

[有料会員限定]

金融庁は11日から、かんぽ生命保険と日本郵便の立ち入り検査を始める。かんぽ生命が提供する保険は約18万件の契約で顧客に不利益を与えた疑いがある。金融庁は過剰な販売目標が不正の温床になったとの見方を強めている。内部管理に不備があったと認められれば行政処分を検討する。郵政グループは経営体制の大きな見直しを迫られる可能性がある。

金融庁はかんぽ生命に報告徴求命令を出し、問題となった保険の販売行為などについて調査を進め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1068文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン