大日本印刷、AIで祖業再生へ 凸版と消耗戦リスクも

日経産業新聞
2019/9/11 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大日本印刷(DNP)が祖業である印刷事業の再生に動き出している。カギは人工知能(AI)を駆使した出版業務のデジタル化だ。収益に貢献してきたエレクトロニクス分野は先行きに不透明感が漂う。「第三の創業」と称して新事業創出に取り組むが、収益化には時間を要する。次世代の芽を育てるためにも、既存事業を強くすることが急務だ。

「グループ会社を結集して、出版業界のサプライチェーン全体を立て直す」。7月上旬、東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]