時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,076,561億円
  • 東証2部 70,199億円
  • ジャスダック 92,372億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率14.12倍14.02倍
株式益回り7.07%7.13%
配当利回り2.03% 2.04%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,798.87 +246.89
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,800 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

10月11日(金)14:20

首都圏のJR在来線 あす午後1時ごろまでに運休[映像あり]

気象庁 台風19号「狩野川台風に匹敵の可能性」

10月11日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

一段高狙うファンド勢 「悲観修正」の先回り買い
証券部 松本裕子

2019/9/10 16:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場にヘッジファンドが戻ってきた。ファンドの運用成績を押し上げてきた債券を利益確定し、株式に目を向け始めている。米中対立の緩和や米景気の先行き懸念の後退などで、過度な悲観論の修正が進む。債券に資金を傾けすぎた多くの投資家が今後、株買いを迫られるとみて、いち早く動き始めた。

「相場の主役は債券から株式に移った」。国内のマクロ系ヘッジファンドは10日、日経平均株価が今年初の6日続伸を記録する中で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム