/

校則違反繰り返しても全否定せず 大阪星光の懐の深さ

吉村英毅・エボラブルアジア社長(下)

吉村英毅・エボラブルアジア社長

航空券などのネット販売「エアトリ」を運営するエボラブルアジアは、DeNA子会社だったDeNAトラベルを買収するなど積極的なM&A(合併・買収)を進める一方、ソフトウエア開発を海外で受注するITオフショア事業をベトナムで展開する。積極的な事業展開を指揮する吉村英毅社長(37)は大阪星光学院中学校・高校時代、決して優等生だったわけではないと打ち明ける。遊ぶのが楽しく成績が急降下した時期も、大阪星光学院は決して吉村さんを見捨てなかった。

<<(上)「エアトリ」起業、大阪星光で聞いた神父の言葉が支え

中学2年のころ、学校の仲間とバンドを組んだ。仲間と遊ぶのが楽しくなった。

ビル・ゲイツにあこがれて「東大に入って、在学中に起業する」と決めたのも同じころです。ですが、実はそのころから学校の成績は急降下していました。

原因はバンド活動でした。私はドラムとキーボード担当。米のグリーン・デイとか日本のMr.Children、ハイスタンダードなど、当時はやっていたバンドをコピーしていました。他校のバンドと一緒にライブをやったりするうちに、街で遊ぶのが楽しくなってしまった。学校には行っていましたが、行かない日もありました。髪を染めるなど、校則違反もいくつもしていました。

特に何かに反発したというわけではないのです。ただ単純に遊ぶのが楽しくて遊んでしまいました。仲間も同じだったと思います。当然ながら、学校の成績は下がりました。高校1年の終わり頃には、学年200人のなかで下から20番以内に入るほどになってしまいました。

両親から何か言われたということも、ありませんでした。うちは私が小さいとき、特に父が非常に厳しかったのです。会社を経営しているので夜遅くに帰ってくるのですが、母と子ども3人全員で玄関で出迎えないといけないというくらいの厳しさでした。ところが、私が中学に入ってからは逆に一切何も言われなくなりました。遊んでいる私を見ても、そういう時期だとわかっていたのかな、と今になると思いますね。

学校の先生も向き合って対話してくれた。

大阪星光学院の先生方も、そんな私を全否定することは決してありませんでした。大阪星光学院は校則なども比較的厳しいほうで規律を重んじる学校です。もちろん、何も言われなかったわけではなく、たいがい怒られてばかりいました。でも、その結果として停学になったり退学になったりはしませんでした。

社員と談笑するエボラブルアジアの吉村英毅社長(中)。「大阪星光学院の先輩や同級生には、今も仕事上で力を借りています」と話す

そのかわり、先生方は生徒と向き合って対話してくれる環境でした。学校に行かない日があったり、校則違反もいくつかあったりと、決して褒められた生徒ではなかったのですが、私を小さいながらも一人の人として扱って、向き合ってくださった。この懐の深さは本当にありがたかったです。

高校2年の夏ごろ、自分の成績をみてさすがにこれはまずい、と思いました。なにしろ、東大に入って起業するという目標があります。勉強を始めないと間に合わないと思い、まず染めていた髪を真っ黒に染め直しました。それで、周囲の友達や先生が気づきました。「勉強することにしたんだな」って。

勉強を再開するにも、集団のだいぶ後ろの方からのスタートであることは認識していたので、とにかく誰よりも長時間、誰よりも集中して勉強することにしました。バンドはすっぱり辞めて……というわけではなくて高校3年まで時々参加していましたが、それ以外は週末や休みの日には予備校で缶詰です。朝一番で「カロリーメイト」と飲み物だけ持って自習室に入り、深夜まで勉強しました。

悲壮に聞こえますが、これが楽しかったんです。やらなければいけない全体のうち、どこが足りないか、自分はどこにいるかを把握して勉強を進めていました。そうすると、1つ学んだことが次のことに結びついて、だんだん理解できてくる。面白いなあと思っていました。面白がって受験勉強をしていましたが、それでも東大に合格できたときはほっとしましたね。

目標の東大に入り、長期インターンなどを経験してから起業した。

大阪から東大に進む友達もあまりいなかったので、10くらいのサークルに入って友達を作る一方で、東大の先輩がつくった会社で1年生のころから働かせてもらいました。今で言う長期インターンでしょうね。いつか、自分の会社を作るための勉強だと考えていました。

中学生のときに決めた目標通り、最初に起業したのは2003年、東大3年のときです。Valcomという会社でした。私は阪神タイガースのファンなのですが、Valcomでは阪神タイガースの缶コーヒーを販売するビジネスを手掛けました。翌年からは事業内容を変更して、航空券ビジネスを始めました。

オンラインの旅行ビジネスは当時、まだ今ほど広がっていませんでした。これは伸びそうだし、在庫をもたなくていいビジネスでもある。チャンスがあるなと感じたのです。たまたま、知り合いの紹介でエボラブルアジアの会長である大石崇徳氏と知り合いました。大石さんは私より10歳年上。学生時代に会社を作ってすでに旅行ビジネスを手掛けていました。最初は私が大石さんから旅行商品を仕入れる形で取引関係が始まり、信頼関係を構築したところで2人でエボラブルアジアの前身である旅キャピタルを共同創業しました。

上場までの8年間、苦しんだとき、神父の話をいつも思い出した。

旅キャピタルを07年に創業して間もないころから上場を目指すことに決めたのですが、思いの外、長い時間がかかってしまいました。簡単に言うと内部管理の体制がしっかりできていなかったことと、ケアレスミスなどもありました。結局、準備を始めて8年後の16年に東証マザーズに上場、17年に東証1部へ市場変更しました。上場準備期間が8年というのは、普通よりかなり長いんです。たいていはそれまでに上場できるか、あきらめるか。苦しかった。でも、あきらめませんでした。

そのころ、折に触れて思い出していたのは、大阪星光学院で毎日のように神父様のお話に出てきた「嘘をつかない。とりつくろわない」という話。おかげで、どんなに厳しい状況でも、とにかく不正なことはすべきではないという倫理観をもっていられました。

ビジネスでは稼いで、収益で社会貢献したいと考えるようになった。

ビジネスでは業種業態にこだわらずにチャンスがあるところに積極的に参入したいと考えて、M&Aも進めています。一方で、ビジネスで稼いだら収益の一部を社会貢献に投じたいと考えるようになりました。そこで今年、個人的にミダス財団という財団を作って、ベトナムの教育支援から始めました。

ベトナムにはITオフショア事業で進出しています。ベトナムの農村などでは経済的な理由で小学校、中学校に通えない子どもがまだいます。孤児も多いです。そうした子たちを支援しています。

大阪星光学院の先輩や同級生には、今も仕事上で力を借りています。エボラブルアジアで民泊関連の営業を担当してくれているのは、先輩の宮下真嗣さんですし、ミダス財団の理事である植田和則さんは同級生です。

実は私は中学受験が阪神大震災の直後で、受験日程が例年と異なったため、灘中学校と大阪星光学院の両方を受験しました。灘は不合格で第2志望に進んだのです。しかし、遊んでしまった時も苦しい時も見守り支えてくれたのは大阪星光学院の先生たちの言葉であり、友達でした。良い6年間を過ごせたと感謝しています。

(藤原仁美)

<<(上)「エアトリ」起業、大阪星光で聞いた神父の言葉が支え

「リーダーの母校」記事一覧

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン