国産3Dプリンターで家が建つ? 大林組が海外勢猛追

コラム(テクノロジー)
2019/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住宅や橋を「印刷」する海外勢と比べると、出遅れ感の強かった日本の建設3Dプリンター。そこから頭一つ抜け出たのが、大林組が8月29日に発表した技術だ。3Dプリンターを活用し、2種類のセメント系材料を一体化して構造物を造る技術を開発した。曲面型枠や鉄筋を使わずに、圧縮強度と引っ張り強度を兼ね備えた自由な形態の構造物を製造できる。

大林組の技術研究所で同日、完成すると全長約7メートル、幅約5メートル、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]