/

この記事は会員限定です

国産3Dプリンターで家が建つ? 大林組が海外勢猛追

[有料会員限定]
大林組が発表した3Dプリンター。セメント系材料を用いて国内最大規模の構造物を製造できる。産業用のロボットアームを活用した(動画:日経 xTECH)
日経クロステック

住宅や橋を「印刷」する海外勢と比べると、出遅れ感の強かった日本の建設3Dプリンター。そこから頭一つ抜け出たのが、大林組が8月29日に発表した技術だ。3Dプリンターを活用し、2種類のセメント系材料を一体化して構造物を造る技術を開発した。曲面型枠や鉄筋を使わず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1946文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン