和牛は知的財産ではない? 最強ブランド流出防げ
 編集委員 吉田忠則

食の進化論
吉田 忠則
コラム(ビジネス)
2019/9/14 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本が世界に誇る食品ブランド、和牛。その遺伝資源が海外に流出するのを防ぐため、農林水産省は流通の管理を厳格化する。和牛の精液や受精卵を中国に持ち込もうとした日本の業者が、3月に国内で逮捕されたことがきっかけだ。

遺伝資源とは、生物そのものや遺伝子など、遺伝の機能を備えて産業や研究に利用できるものを指す。だが、その保護には意外なハードルがある。和牛を含む家畜は国際的に知的財産と認められていないのだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]