/

マクドナルド、店内・持ち帰り同価格に 消費増税で

7割で価格据え置き

日本マクドナルドは10日、10月から持ち帰りと店内飲食の税込み価格をそろえると発表した。消費税の引き上げで店内飲食は10%、持ち帰りには軽減税率で8%の税率が適用される。「マクドナルド」では7割の商品で税込み価格を据え置き、3割の商品の税込み価格を10円上げる。10円単位の価格設定を維持しながら、店頭作業や消費者の混乱を避ける目的だ。

主要メニューでは「ビッグマック」(税込み390円)、平日昼の「バリューランチ」(550~600円)などは本体価格を引き下げて、税込み価格を据え置く。一方で、現在100円のハンバーガーは110円に、130円のチーズバーガーは140円に引き上げる。販売数量を加味して「全体的に税抜き価格を引き上げないように設定した」(同社)としている。

10月以降の価格設定を巡っては大手飲食チェーンによって判断が分かれている。「すき家」や「松屋」はマクドナルドと同様に店内外で税込み価格を統一。一方で「モスバーガー」「スターバックスコーヒー」などは本体価格を据え置き、店内外で別の税込み価格にする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません