2019年9月16日(月)

マクドナルド、店内・持ち帰り同価格に 消費増税で
7割で価格据え置き

消費税10%
小売り・外食
2019/9/10 15:16
保存
共有
印刷
その他

マクドナルドでは、店内と持ち帰り時の税込み価格を統一する

マクドナルドでは、店内と持ち帰り時の税込み価格を統一する

日本マクドナルドは10日、10月から持ち帰りと店内飲食の税込み価格をそろえると発表した。消費税の引き上げで店内飲食は10%、持ち帰りには軽減税率で8%の税率が適用される。「マクドナルド」では7割の商品で税込み価格を据え置き、3割の商品の税込み価格を10円上げる。10円単位の価格設定を維持しながら、店頭作業や消費者の混乱を避ける目的だ。

主要メニューでは「ビッグマック」(税込み390円)、平日昼の「バリューランチ」(550~600円)などは本体価格を引き下げて、税込み価格を据え置く。一方で、現在100円のハンバーガーは110円に、130円のチーズバーガーは140円に引き上げる。販売数量を加味して「全体的に税抜き価格を引き上げないように設定した」(同社)としている。

10月以降の価格設定を巡っては大手飲食チェーンによって判断が分かれている。「すき家」や「松屋」はマクドナルドと同様に店内外で税込み価格を統一。一方で「モスバーガー」「スターバックスコーヒー」などは本体価格を据え置き、店内外で別の税込み価格にする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。