/

この記事は会員限定です

文革色にじむ習近平式「50回闘争指示」への不安

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

「9月3日、習近平(国家)主席は50回以上も『闘争だ、闘え』という指示を繰り返した。尋常ではない。何かが起きている」「この『闘争講話』は『人民の領袖』という呼称が再び使われ出したのと並んで象徴的な出来事だ。いや、事件といってもよい。かなりの人が不安を感じている」

今は第一線から退いている中国共産党関係者らの声である。この夏、現役指導者と長老らが河北省の海辺に集まった「北戴河会議」の後、力学上、小康...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン