6歳の冒険 藤崎彩織

エッセー
2019/9/17 14:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

初めて一人で新幹線に乗ったのは、小学1年生の夏だった。

夏休みが始まるのと同時に祖母のいる大阪へ行こう。そう思っていたのに、両親は仕事でお盆まで休みがない。どうしたら一日でも早く祖母に会えるのだろう。6歳の私は考えた。

「お母さん、私一人で大阪に行く!」

やりたいと思ったら、どんなに駄目だと言われても駄々をこねるのが、昔から変わらない私の性格だ。母は勢いに押され、やむなく6歳の子を一人で新幹線に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]