国交省、計画運休検証へ 鉄道事業者と近く意見交換

2019/9/10 12:46
保存
共有
印刷
その他

石井啓一国土交通相は10日の閣議後記者会見で、台風15号の通過に伴って実施された鉄道の計画運休について、近く鉄道事業者などと意見交換することを明らかにした。石井氏は「(計画運休の)公表内容は適切だったと考えるが、利用者への周知が十分だったか検証する」と述べた。

計画運休は8日夕にJR東日本などが実施を公表した。同社は首都圏の在来線全線で、台風が関東を縦断した9日は始発から午前8時ごろまでの運休を決めたが、運転再開が予定より遅れるなどした。被害があれば再開予定が遅れる可能性があるとしていたが、こうした対応状況を検証する。

また石井氏は主要交通の運休で多くの人が滞留した成田空港についても対策を検証する方針を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]