オリパラ考

フォローする

東京五輪でIOC選手委員の選挙も 競技とは別の戦い

Tokyo2020
2019/9/12 5:30
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪で実施される国際オリンピック委員会(IOC)選手委員の選挙に向け、日本オリンピック委員会(JOC)はフェンシングの五輪銀メダリスト、太田雄貴氏(33)を擁立する。

大会参加選手の投票で選ぶIOC選手委員は、自動的にIOC委員も兼ねる。太田氏は16年リオデジャネイロ五輪後に引退、2年前には日本フェンシング協会会長に就任し、国際連盟の副会長も務める日本スポーツ界の次世代のリーダー。東京五輪の競技とは別の注目を集める戦いとなりそうだ。

IOC委員には五輪に出場経験のある多数のオリンピアンが名を連ねる。現在のトーマス・バッハ会長はフェンシングの金メダリスト、ジャック・ロゲ前会長もヨットで五輪3大会に出場。ただし、現役や引退直後のアスリートを受け入れるIOC委員枠は以前はなかった。

IOC選手委員会は現役選手の率直な意見を五輪の運営に反映させるために1981年に設置。1999年、ソルトレークシティー冬季五輪をめぐる招致スキャンダルで組織改革を迫られたIOCは、同委員会の委員をIOCに迎えるようになった。

最後に出場した五輪から4年以内なら選手委員となる資格があり、20年の東京では新たに4人が選ばれる。

日本出身の選手委員は過去にシンクロナイズドスイミング(当時)の小谷実可子氏がいるが、IOC委員は兼ねていなかった。2000年以降は、テニスの松岡修造氏、スキー・ノルディック複合の荻原健司氏、陸上ハンマー投げの室伏広治氏らが選挙に出たが、いずれも当選は果たしてはいない。

(編集委員 北川和徳)

オリパラ考をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
非公認ながら、男子史上初の「2時間切り」を達成したエリウド・キプチョゲ=ロイターロイター

 世界のマラソン界が活況を呈している。12日にウィーンで行われた人類初の2時間の壁突破(サブ2)を目指す特別レースで、2時間1分39秒の世界記録を持つ男子のキプチョゲ(34、ケニア)が42.195キロ …続き (10/18)

今のラグビー日本代表には驚くほどの一体感と求心力を感じる

 ラグビーワールドカップ(W杯)で、にわかラグビーファンが急増している。恥ずかしながら、自分もその一人。学生時代は大好きで記者1年目はラグビー担当だったのに、1990年代半ば以降、仕事以外ではテレビ観 …続き (10/11)


 9月9日に千葉市付近に上陸した台風15号は、広範囲で停電を引き起こすなど大きな被害を出した。古来、台風が来たり強風が吹いたりする日とされる「二百十日」とは、9月1日前後を指す。来年は同時期に東京パラ …続き (10/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]