2018年孤立の関空、災害へ「備え」着々 3日分食料確保

2019/9/10 12:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西国際空港では2018年9月の台風21号を教訓に、台風などを想定した「備え」を進めている。

・2018年台風21号から1年 暴風・関空水没を振り返る
・台風被災1年 物流網「関空依存」に対策

台風21号では高潮の被害で電源が喪失し、約8千人が一時、孤立する事態に追い込まれた。空港を運営する関西エアポートは、空港利用客の滞留者を最大1万2千人と想定。毛布、簡易トイレ、スマートフォンの充電器などの備蓄…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]