台風で停電に断水 病院など対応追われる

2019/9/10 11:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風15号の影響で千葉県では10日も停電や断水が続いた。気温も上昇し、病院などは熱中症への対応にも追われた。

送電線の鉄塔2基が倒壊した同県君津市では、10日午後12時半時点で約3万7700軒で停電が続いた。信号の多くが作動せず、倒木や土砂崩れの影響で通行止めも続いた。市内8カ所の避難所では、災害用の非常電源で扇風機を稼働させた。市役所では朝から電源車を開放し、市民が列をつくって携帯電話を充電し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]