2019年9月23日(月)

中国物価、8月は2・8%上昇 豚肉高騰が響く

米中衝突
貿易摩擦
中国・台湾
2019/9/10 11:21
保存
共有
印刷
その他

【北京=原田逸策】中国国家統計局が10日発表した2019年8月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比2.8%上昇した。上昇幅は7月と同じだった。前月比でみると0.7%の上昇で上昇幅は0.3ポイント拡大した。アフリカ豚コレラのまん延により飼育頭数が減っている豚肉が高騰したのが主因だ。

アフリカ豚コレラの感染拡大に見舞われている中国の養豚場(5月)=AP

品目別にみると豚肉は前年同月比47%上昇し、CPI全体を1.08ポイント押し上げた。中国政府も豚の飼育頭数の拡大に向けた対策を打っているが、出荷にはまだ時間がかかりそうだ。果物も同24%上昇したが、上昇幅は7月よりも縮小した。

一方、同日発表した8月の卸売物価指数(PPI)は前年同月比0.8%下落した。下落は2カ月連続で下落幅は7月より0.5ポイント拡大した。米国との貿易戦争で外需が低迷し、生産活動が鈍っていることを映した。業種別では石油・天然ガスの採掘、製紙、化学繊維、鉄鋼、自動車などの下落が目立った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。