防衛相「警戒監視に万全」 北朝鮮の飛翔体発射で

2019/9/10 10:30
保存
共有
印刷
その他

岩屋毅防衛相は10日午前、北朝鮮の飛翔(ひしょう)体発射について「度重なる発射で関連技術の高度化を図っている。深刻な課題と捉え、警戒監視に万全を期す」と述べた。政府は日本の領域や排他的経済水域(EEZ)内への飛来は確認されていないと発表した。「我が国の安全保障に影響を与えるような事態は確認されていない」とした。

岩屋氏は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定による情報収集への影響に関し「協定が生きている間は適切に対応したい」と強調した。防衛省内で記者団の質問に答えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]