世界遺産軍艦島の観光禁止 台風13号の影響で柵が破損

2019/9/10 9:24
保存
共有
印刷
その他

長崎市は10日までに、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を構成する端島炭坑(通称・軍艦島)への観光客の立ち入りを禁止したと発表した。台風13号の影響で船着き場や通路など4カ所の柵が破損したため。柵を修理し、安全性を確認した上で、13日ごろの観光客の受け入れ再開を目指す。

市によると、台風13号接近に伴い、7日から観光客の上陸を禁止していた。8日に市職員が施設を調査し、島内4カ所の柵が外れたり、折れ曲がったりしているのを確認した。このため、観光客の立ち入り禁止を続けることを決めた。

軍艦島は長崎市の代表的な観光名所の一つで、2018年には約19万7600人が訪れた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]