「夢洲」商業地域に変更 大阪市都市計画審が決定

2019/9/10 8:59
保存
共有
印刷
その他

大阪市都市計画審議会は10日までに、同市の人工島・夢洲(約390ヘクタール)の一部の土地の用途地域を、工業地域と準工業地域からそれぞれ商業地域に変更することを賛成多数で決めた。

大阪府などがIRの誘致を目指す夢洲(大阪市此花区)

市と大阪府がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致を目指すエリアや、2025年大阪・関西万博の会場予定地の一角が含まれており、観光拠点としての整備を進める狙いがある。

市によると、対象は約143ヘクタールで、用途変更によって容積率や建ぺい率の制限がそれぞれ緩和され、合理的な土地利用を誘導する効果がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]