キヤノンメディカル、米社に出資 脳卒中など自宅で検査

2019/9/10 5:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=伴百江】キヤノン傘下の医療機器メーカー、キヤノンメディカルシステムズは米医療機器スタートアップのフェムトDx(カリフォルニア州)に出資した。フェムト社が開発した脳卒中などの兆候を自宅で検査・モニタリングできる次世代医療技術とキヤノンのAI(人工知能)技術を組み合わせ、日本での事業展開につなげる。

出資額は明らかにしていない。フェムト社は患者の血液や唾液などから脳卒中やがんの兆候を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]