/

この記事は会員限定です

キヤノンメディカル、米社に出資 脳卒中など自宅で検査

[有料会員限定]

【ニューヨーク=伴百江】キヤノン傘下の医療機器メーカー、キヤノンメディカルシステムズは米医療機器スタートアップのフェムトDx(カリフォルニア州)に出資した。フェムト社が開発した脳卒中などの兆候を自宅で検査・モニタリングできる次世代医療技術とキヤノンのAI(人工知能)技術を組み合わせ、日本での事業展開につなげる。

出資額は明らかにしていない。フェムト社は患者の血液や唾液などから脳卒中やがんの兆候を診断するシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン