2019年9月19日(木)

妊婦の診療情報、ウェブで共有 名古屋の病院と医院

ヘルスケア
中部
2019/9/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リスクの高い妊婦の出産を多く扱う名古屋第二赤十字病院(名古屋市、八事日赤)が近隣の医院と妊婦の診療情報をウェブ上で共有する試みを始めた。低リスクの人には健診の一部を近隣の医院で受けてもらうなど、地域の医療機関が効率的に役割を分担する。妊婦も医師が記載する情報に加え、母子手帳の内容もスマホで見られるなど利便性が高まる。

八事日赤では年間約1000件の分娩が行われている。高齢化や合併症を伴うなどリス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。