奈良交通がギョーザバー 路線バスから経営多角化

2019/9/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

奈良県内で路線バスを運行する奈良交通が飲食事業をテコ入れする。自社で開発、製造するフレンチ風ギョーザを出す小さなカウンターバーを奈良市内で開いたほか、キッチンカーを導入する。経営多角化の一環で手がける飲食事業で培ったノウハウを凝縮し、新たな展開を探る試金石とする考えだ。

JR奈良駅から奈良公園方面に向かう三条通沿いの商業施設内に「ギョーザバー ボンボヌール」を開業した。ワインとともに、ブイヨンや…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]