/

この記事は会員限定です

しずおか焼津信金、店舗の1割廃止 22年春メド

[有料会員限定]

7月にしずおか、焼津両信金が合併して発足したしずおか焼津信用金庫(静岡市)は2022年3月期までに現在の店舗の1割にあたる7店を廃止する。近接する店舗を対象に配置を見直し、必要に応じて店舗を建て替える。店舗統廃合は、より多くの人員を補助金の申請や事業承継の相談などを行う部署に配置転換するためで、伴走型支援に注力する。

田形和幸理事長と牧田和夫会長が日本経済新聞のインタビューで明らかにした。

現在は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン