/

北弘電社、岩手で大型受注 太陽光設備で過去最大級

電気設備工事の北弘電社は9日、岩手県奥州市で建設中の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の大型工事を受注したと発表した。配線など電気工事が中心で受注額は約26億円。同社として過去最大級の受注額で、メガソーラーで初の道外案件となる。完成は2022年4月の予定。

同社は17年に北海道釧路町のメガソーラー案件で約26億円の工事を受注しており、2年ぶりの大型受注となる。発注元は非公表。北弘電社は北海道の電気工事会社として積雪寒冷地に適した施工技術に強みを持つ。この工事による売上高は、21年3月期以降に本格的に計上される。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン