コープさっぽろ、国のポイント還元事業参加認められず

2019/9/9 19:51
保存
共有
印刷
その他

コープさっぽろは9日、10月の消費増税に伴う政府のキャッシュレス決済のポイント還元事業への登録が認められなかったと発表した。組合員に購入額の5%を補助する予定だったが、国費補助が受けられる政府事業には参加できない。

登録が認められない理由について、経済産業省キャッシュレス推進室は「実質的に大企業と同一視できる事業規模と考えざるを得ない」としている。コープによると経産省側が提示していた申請条件は満たしているとの説明もあったという。

コープの大見英明理事長は「事業に参加し組合員の家計を応援したいと考え投資もしてきた。非常に残念だ」と話した。

コープ独自の会員カード「ちょこっとカード」はポイント還元事業への参加を認められていたが、コープの店舗が対象でなくなったため国による補助対象にはならない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]