埼玉のニチネン、群馬県川場村で新工場 飲料水事業の売上高、22年3月期に4倍

2019/9/9 19:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

固形燃料を製造するニチネン(埼玉県上尾市)は10月から、群馬県川場村で飲料水の新工場を稼働する。敷地内の地下水を使ってミネラルウオーターや炭酸水を生産し、2022年3月期に飲料水事業の売上高を現在の約4倍に増やす。新工場の投資額は13億円を見込み、需要が膨らむ飲料水事業を強化する。

工場では「武尊(ほたか)の天然水」の2リットル用ペットボトルの製造ラインを2つ整備する。1時間あたりの1ラインの生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]