東京ムーブメント

フォローする

首都高「料金所撤廃に取り組む」 都知事が議会で発言

Tokyo2020
2019/9/9 19:29
保存
共有
印刷
その他

東京都の小池百合子知事は9日の都議会本会議で、首都高速道路の本線の料金所の撤廃に向け、都として取り組んでいく考えを示した。慢性的な渋滞が続く首都高の流れを良くするために、ICT(情報通信技術)を活用する考えを示した。

都議会公明党の代表質問に応じた。高速道の混雑緩和策としては自動料金収受システム(ETC)が使われている。首都高を運営する首都高速道路会社は、車載器の設置を助成などで普及を進めている。

公明党はこれに加え、海外のようにプリペイドカードを使った料金徴収をすべきだと提案した。小池知事はこれに対し、「首都高速道路会社や国に働きかける」と発言。ICT技術の活用も提案し、本線料金所の撤廃を働きかけていく姿勢を示した。

知事はプリペイドカード方式について「ETCとは異なるシステムで、導入には大規模な改修が必要」と指摘したうえで、「クレジットカードを持つことができない人への対応に資する手法の一つ」と指摘した。

都は2020年の東京五輪・パラリンピック期間中の混雑緩和のため、通行料金を日中に上乗せする「ロードプライシング」や、首都高の一部入り口の閉鎖などに取り組む計画。ただ、東京一極集中に伴う物流の増加で今後も首都高の混雑が長続きする可能性があり、対応が不可欠になっている。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする

 東京都の小池百合子知事は10日、最新テクノロジーを紹介する日経BP主催の「日経クロステック・エキスポ」で基調講演した。2020年五輪・パラリンピック後の未来について都民の意見を募集中だと説明し「いい …続き (10/10)

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は10日までに、東京大会に向けて行われた27回のテスト大会での、台風対策や競技運営について取りまとめて公表した。
 全56回のテスト大会のうち、これまで …続き (10/10)

津田塾大学の梅五輪プロジェクトのメンバー(東京都渋谷区)


 近代五輪の父、クーベルタン男爵はオリンピックを通じて健全な若者を育て、相互理解や平和を実現しようとした。世界中から人々が訪れ、クリアすべき様々な問題も伴う五輪・パラリンピックの開催は、次代を担う大学 …続き (10/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]