最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,492.68 +40.82
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,460 ±0

[PR]

ポジション

フォローする

「望まぬ」金利低下救う? 日銀内外で国債増発「待望論」 需給緩和で、期待先行の面も

2019/9/9 21:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中対立や消費税増税など景気の下振れリスクを踏まえて政府が追加の経済対策を組めば、国債利回りの過度な低下を抑制できる――。日銀内外でこんな思惑が浮上している。財源確保のために国債が増発されると、需給が緩み金利の反転上昇につながる可能性があるためだ。大規模緩和の副作用の強まりを警戒する日銀には「渡りに船」のシナリオのようにも映るが、ハードルは低くない。

9日の債券市場では長期金利の指標になる新発1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム