データ活用した医療、全ゲノムやAIに注力 厚労省

2019/9/9 20:07
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は9日、データを活用して医療・介護の質や効率性を高めるための計画を改定した。2025年度にかけて、すべての遺伝情報を網羅的に調べて治療や創薬に役立てる「全ゲノム解析」を推進する方針を決めた。10万人の全ゲノム検査を実施した英国を参考に、国内でも多くの患者を対象にした検査計画を19年中に策定する考え。

人工知能(AI)の活用や、個人の健康や医療に関わる情報を本人がスマートフォンで把握し、…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]