ジャパネット系など3社、BS新規参入 総務省認定へ

2019/9/9 19:00
保存
共有
印刷
その他

総務省は9日、ジャパネットホールディングスと吉本興業、松竹ブロードキャスティングのそれぞれの子会社がBS放送に新規参入することを認めると発表した。既存の放送事業者が使う電波の圧縮でチャンネルの空きができ、9社が割り当てを希望していた。2021年に放送を始める。

同日開いた電波監理審議会(総務相の諮問機関)が電波を割り当てる事業者を決めた。10月をめどに割り当てる。新規参入の3社のほか、既存事業者であるウォルト・ディズニー・ジャパンの子会社にも追加で割り当てる。同社はハイビジョン放送に切り替える。

BSはNHKや民放キー局、WOWOWなど20以上の事業者が約40チャンネルを放送している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]