最強台風、企業活動に残る爪痕 工場停止や終日休業

2019/9/9 18:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関東地方に上陸した台風では過去最強クラスとなった台風15号は企業活動に様々な影響をもたらした。台風の影響で東京電力管内で起きた停電数は最大93万軒と東日本大震災以降では最大規模となった。10分間平均で秒速40メートルの強風に耐えられる鉄塔が千葉県君津市で2基倒壊。自動車など工場の稼働停止や小売りの終日休業など、強風の爪痕は広範囲に及んだ。

■想定以上の強風、鉄塔が倒壊

9日、都内で会見した東京電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]