/

この記事は会員限定です

フィリピン、プラごみ強硬姿勢 世界大手に対策迫る

ネスレ、P&G、ユニリーバなど

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳】先進国が東南アジアなどに、押しつけている実態が明らかになったプラスチックのごみ問題を巡り、フィリピンが是正に向け大きな声を上げている。8月にはごみの輸入を3カ月禁止すると表明し、カナダからのごみついては送り返す措置も取った。経済成長の続く東南アジアには食品など外資大手の参入も多い。もはや売るだけでは社会的責任を果たせないムードが強まる。ごみ処理対策に乗り出すなど、ようやく重い腰を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1769文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン