10/15 11:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,076,561億円
  • 東証2部 70,199億円
  • ジャスダック 92,372億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率14.12倍14.02倍
株式益回り7.07%7.13%
配当利回り2.03% 2.04%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,174.45 +375.58
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,180 +380

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

10月11日(金)14:20

首都圏のJR在来線 あす午後1時ごろまでに運休[映像あり]

気象庁 台風19号「狩野川台風に匹敵の可能性」

10月11日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

それでも指標はROE 株価に高い連動性、持続性が課題
証券部 和田大蔵

2019/9/9 20:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自己資本利益率(ROE)8%超を目標に掲げる通称「伊藤リポート」を経済産業省が2014年夏に公表してから丸5年。ROEへの注目度は高まり、数値の高低で株価の騰落にはっきり差が出るようになった。低いROEが定着していた企業にも政策保有株の売却など資本効率を高める機運が出ている。

日経平均株価が118円高にとどまった9日、市場関係者が注目したのが、持ち合い株(政策保有株)の削減を発表した企業だ。8月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム