長崎道の通行止め解除へ 当面は対面、大雨被災

2019/9/9 18:42
保存
共有
印刷
その他

西日本高速道路は9日、記録的大雨で被災し、8月27日夕から通行止めが続いていた佐賀県内の長崎自動車道・武雄北方インターチェンジ(IC)―嬉野ICの下り線について、10日朝をめどに利用できるようにすると発表した。完全復旧の見通しは立っておらず、当面は上り線の約2キロ区間を対面通行とする。

同社によると、いずれも片側2車線の上下線ともに路面の隆起や亀裂があった。上り線は被災箇所を迂回して通行可能としていたが、10日朝までに本線が復旧できる見込み。対面通行区間は時速50キロの速度規制をする。

下り線はのり面の崩落があり、復旧の時期は未定としている。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]