IAEA、イランの高性能遠心分離機設置を確認

イラン緊迫
2019/9/9 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ウィーン=細川倫太郎、ドバイ=岐部秀光】国際原子力機関(IAEA)は9日、ウィーンの本部での理事会で、イラン中部ナタンズの核開発施設でウラン濃縮に使う高性能の遠心分離機が増設されたことを確認したと報告した。イランはさらに増やすこともIAEAに通知したという。

イランが2015年に米英仏独ロ中の6カ国とまとめ、18年に米国が離脱を表明した核合意に反する可能性はある。

イランは核爆弾の製造につなが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]