輸出管理、軍事転用防止が主目的 武器から民生品 4つの枠組み
国際法・ルールと日本

日韓対立
国際法・ルールと日本
政治
2019/9/10 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は今夏、韓国向けの輸出管理を厳格化した。韓国側は元徴用工問題への報復と反発しているが、日本は武器や軍事転用可能な貨物・技術の輸出を規制する安全保障上の措置だと主張する。平和を脅かす国やテロリストの手に渡らないようにする輸出管理には、指針を定めた国際的な枠組みがある。日本など参加国はこれに沿ってルールを定めている。

日本は7月、フッ化ポリイミドなど3品目の韓国向け輸出について経済産業相の個別許…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]