認知症の予知はデジタルで 治療研究の突破口に期待

日経産業新聞
矢野 寿彦
テクノロジー
2019/9/10 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スマートフォンなどのデジタルデバイスを使って、アルツハイマー病の症状が出る前の兆候をとらえようとする研究開発が広がってきた。がんのように自覚症状が出る前に病気を見つけることができれば、失敗が続く認知症薬の開発にも新たな突破口が開けるかもしれない。

イーライ・リリーといえば、30年以上、アルツハイマー病と闘ってきた大手製薬会社だ。8月上旬、米アンカレジで開催された米計算機学会によるデータの国際会議…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]